自由と平和をとても大切にしたケストナーの自叙伝的な小説です。
といっても、こども時代の寄宿舎生活を舞台にした、
こどもたちと、かつてこどもだった大人に向けて書かれたものです。
ちょうど、クリスマスの頃のお話ですが、
あたたかい思いやりと、知恵と、勇気にあふれ、
まわりの人との深い心の結びつきが、
人を育むことになることを、丁寧に伝えてくれます。
「こどもの涙は、決して大人の涙より小さいものではありません」と、
ケストナーはメッセージを投げかけています。

Please reload

Recent Posts

October 6, 2019

February 22, 2016

February 22, 2016

February 21, 2016

February 21, 2016

February 21, 2016

Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square